30代子育て中サラリーマンによる~積立&ほったらかし投資日記~

2018年になりようやく投資というものを始めました。NISAやiDeCoでの投資の記録、そして、投資をして気づいていたこと、また、日々の子育てや趣味のUFOキャッチャーを通して思ったことについて、足跡を残していきたいと思います。

ドル・コスト法はペテンなのか?という意見を考えてみた。

 ポポタです。

 喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

 先日気になる記事があったので、僕の意見を述べてみたいと思います。

 記事を書いていたのは、投資なんか、おやめなさい (新潮新書)で有名な荻原 博子さんです。

ドル・コスト平均法」という、売る側に都合の良い理論。毎月一定額ずつ投資商品を買えば、高い時には少ししか買えず、安い時にはたくさん買えるので価格が平均化してリスクが減るというのですが、これは本当でしょうか?

とあります。

 また、次のようなことも述べています。

投資というのは、安い時に買って値上がりしたタイミングで売るから儲かるのです。

 

 僕はドルコスト平均法でリスクが減るということについては、本当だと思っています。

 確かにリターンを考えれば、必ず右肩上がりに成長する対象に一括投資できれば、リターンも大きくなるでしょう。

 しかし、必ず右肩上がりに成長する対象なんて・・・誰にも分かりません。

 それが分かるのは、支配者か神くらいでしょうか。

 今は世界的に米国の成長が信じられており、米国を中心として投資対象にしている方が多いです。

 (投信でも先進国・全世界とうたいながら、米国比率は多いですから)

 でも、これはあくまで過去のデータや現状からみて、米国が今後も成長し世界を牽引していくだろう。と推測しているにすぎません。

 確率的には100%ではないのです。

 

 今日、5%下落したから、一括購入だ!としたら、数日後に50%の暴落が起きるかもしれません。

 未来は誰にも分らないから、少しでもリスクを抑え、積立てていくことが、僕は大切だと思います。

 

 荻原さんはこう話しています。

 少なくとも、値上がりした時には買わないというルールを決めれば、「ドル・コスト平均法」には勝てます。

 僕も良く考えてみました。

 考えすぎて、熱が出るくらい(笑

 言っていることは、とてもごもっともではあるのですが・・・何かが違う。。。

 投信って、個別株と違って買いたいときに買ったり、『指値』で買ったりって出来ないですよね。

 買い注文はいつでもできますが、購入自体は15時とかだった気がする・・・

 (間違っていたら、お手数ですが教えてください。)

 だから、「今日は下がるな!」と思って午前中とかに注文入れても、最後に値上がりしたら、ルール違反(笑

 そもそも、毎日パソコンや携帯の画面にかじりついて、投資しろ!っていっているような・・・

 ( ゚д゚)ハッ!

 まるで、デイトレーダー!?

 少なくとも僕には無理です。

 本業が疎かになりますし、たぶん続けられません。

 投信に投資する際の重要なことは、途中退場をしないこと!であると思っています。

 そのためには、手間を省き、設定さえしてしまえばほったらかしで投資し続けられるドルコスト平均法が最適だと思います。

 

 またこのリターンについても、ドルコスト平均法は大変面白いところがあります。

 投資開始時と売却時で基準価格が同じ、若しくは下がっていても、価格の変動の仕方次第では、プラスに転じることもあること!

 (その逆の可能性もあるので注意が必要です。)

 リスクを抑えれば、リターンも抑えられてしまうのは当然です。

 一括であれば、成長の恩恵は全て受けられ、一攫千金になることもありますが、つみたて投資ではそうはいきません。

 平均するとバランスファンドで約3%、株式のみのファンドで6~9%のプラスというのはよく聞きます。

 あくまで過去の結果ですので、今後はどうなるかは分かりません。

 

ただ、売る側にとっては、「ドル・コスト平均法」を錦の御旗に掲げれば、手間がかからず毎回必ず手数料が入ってくるという大きなメリットがあります。しかもノーリスクで。

 確かにそういう商品はまだあります。

 でも、最近はノーロードという購入時の手数料が取られない商品が増えてきています。

 購入する商品や証券会社をしっかりと選べば、問題はないかと思われます。

 ネットができない方だと、ごもっともかもしれませんが(^^;

 あ、iDeCoみたいなもんですよね(笑

 iDeCoは節税という恩恵が、別にありますけど。

 

 仮に毎月3万円積立てたとして20年間続けると、720万円になります。

 僕は720万円を一括で投資したとしたら・・・先日の下落で狼狽して売却している自信があります。

 そして、今後来るであろうあれ以上の下落・暴落には耐えられないでしょう。

 僕はSBI証券で毎日つみたてているので、下落時もしっかりと今日も拾っていると思えて、耐えられるのです。

 つまり、インデックス投資家は対象の成長を信じるわけですから、投資の世界に長くいることがその成長の恩恵を受けるために重要だと思っています。

 そのためには、心の平穏を保たなければいけないのです。

 それをしてくれるのは、毎日積み立ててくれるという安心感(笑

 そもそも一括で購入する資金のない僕のようなサラリーマン投資家には、毎月購入するつみたて投資が一番適しているのです。

 

 皆さんは、一括投資で一攫千金を目指しますか?それとも、つみたて投資でリターンを減らしつつも、リスクを減らし心の平穏を保ちつつ、一桁代のプラスを手に入れますか??

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

 あくまで僕の私見ですので、ご意見や反論等をいただければ、とても助かります。

 投資は自己責任ですが、楽しくやっていきましょう。

 では。

 ↓面白ければぜひ!ポチッと↓

 


にほんブログ村

↑ついでにポチッとしていただけると、励みになります。↑

 

 犬、好きです!!(笑